RSS

髪の毛について

髪の毛の構造



髪の毛はケラチンという硬いたんぱく質で出来ていて3層構造となっています。

1番中心にあるのが毛髄質といって、髪の毛のの役割を持っています。

その外側にあるのが毛皮質で、髪の毛の色や質を決めたり、水分量や弾力を左右する組織がある、大変重要な部分になります。

そして、1番外側が毛表皮です。キューティクルとも言われ、みなさんにとってなじみの深い部分かと思います。

毛表皮は髪の毛の艶や手触り、柔らかさや太さを決定する部分です。

この毛表皮はうろこ状になっていて、髪の毛を保護する役割も担っています。毛表皮は紫外線やドライヤーの熱などで傷つき、酷いと剥がれてしまいます。
毛表皮がなくなると髪の養分であるたんぱく質や水分が髪の毛の内側からぬけていってしまい、髪の毛のパサつきや切れ毛の原因になります。



乾燥は、頭皮にも

髪の毛にも

悪影響を与えます!

健康な髪の毛のため

には、乾燥を防ぎ、

しっかりと潤いを

与えることがとても

大切です!



髪の毛は、毛根の中にある「毛球」でつくられ、「毛球」の内側にある「毛乳頭」が毛細血管から

栄養分を取り込み、「毛母細胞」が分裂を繰り返しすことで伸びていきます。

しかしこの髪の毛は一生伸び続けるというものではありません。


髪の毛のサイクル(毛周期)


図のように、成長期・退行期・休止期というサイクルを繰り返し、新しく生えかわっています。

このサイクルには4〜7年と個人差があり、また男女でも男性が3〜5年、女性が4〜6年と違いがあります。

頭皮が乾燥していたり、皮脂が多すぎたりするとこのサイクルが狂ってしまい、健康な髪の毛が生えてきません。

健康な髪の毛のためには、健康な頭皮が欠かせないのです。


☞Dr.TOUHI とは?

☞好評発売中! Dr.SHAMPOOとは?>>>

☞好評発売中! Dr.TREATMENTとは?>>>

☞好評発売中! Dr.OILとは?>>>

☞お得な定期購入がおすすめ! 詳細はこちら>>>


ページトップへ