RSS

フケ対策、フケ予防、フケの原因について

フケの原因


フケは、新陳代謝(=ターンオーバー)によって頭皮の角質細胞が剥がれ落ちることで発生します。
正常であれば、角質細胞は目に見えないほどの細かさですが、頭皮が乾燥していたり皮脂の分泌過多によってターンオーバーが乱れると、角質細胞が固まり人目にも目立ってしまうのです。




人間の体は角質層という薄い皮膚で覆われています。角質層は角化した(死んだ)皮膚細胞の集まりで、体を外部からの刺激から守ったり、乾燥から守ったりする役割を持っています。

頭皮の角質層が剥がれ落ちたものがフケの正体です。

フケは誰でも必ず出ます。
しかし、そのフケが人目にもわかる大きさになるのは、頭皮の生まれ変わり(ターンオーバー)に異常があると考えられます。
そこでフケを改善するためにターンオーバーを正常に近づける努力が必要となるのです。


フケには、大きく分けると脂性のフケと、乾燥性のフケの2種類があります。

頭皮からは常に皮脂が分泌されています。様々な要因によってこの皮脂の分泌が多くなった状態を脂漏といいます。脂漏の状態では皮脂の分泌が多くなることで角質層が剥がれ落ち、フケとなります。これが脂性のフケです。


脂性のフケの原因としては、頭皮の汚れや余計な皮脂を落としきれていない洗髪不足や、睡眠不足、食事バランス、ホルモンバランス、ストレス等がありますので、まずは皮脂の分泌過多を改善することが大切になってきます。

毎日のシャンプーの際は頭皮をしっかりすすぐようにしましょう。ただし、シャンプーをしすぎると足りなくなった皮脂を補おうと皮脂の分泌が増えるという悪循環を引き起こしてしまうので洗いすぎには注意してください。


逆に皮脂が少なすぎても頭皮が乾燥してフケが発生します。これが乾燥性のフケです。

一般的に肌が乾燥しやすい人(乾燥肌の人)は、頭皮も乾燥しやすいといえます。

乾燥性のフケの原因として多いのがやはりシャンプーの仕方です。
刺激の強いシャンプーで毎日ゴシゴシと洗ってしまうと、頭皮に必要な皮脂まで奪い取ってしまい、頭皮が乾燥してしまうのです。
また男性に多いのですが、力任せに頭皮をゴシゴシとこすってしまうと、頭皮が傷付き乾燥を悪化させやすくなります。

頭皮の汚れは、力ではなく泡で優しく包むように落とすものです。爪を立てないように、指の腹でマッサージをするように洗髪をしましょう。
また、すすぎが不十分であってもフケの悪化を招いてしまいます。たっぷりのお湯でしっかりとすすぐように心がけましょう。

入浴後の頭皮は、ドライヤーの使用有無にかかわらずとても乾燥してしまうので、乾燥性のフケの場合は入浴後に頭皮を保湿することが効果的な対策になります。


フケには脂性、乾燥性とありますが、つまりは頭皮の水分と油分のバランスが崩れてしまっていることが原因となるのです。

頭皮の水分と油分のバランスを整えるように頭皮のケアをすることが大切なのです。

しっかり汚れを落とし、Dr.TOUHI で頭皮に潤いと栄養を与えましょう。


>>>フケ、かゆみ対策ページへ


☞Dr.TOUHI とは?

☞好評発売中! Dr.SHAMPOOとは?>>>

☞好評発売中! Dr.TREATMENTとは?>>>

☞好評発売中! Dr.OILとは?>>>

☞お得な定期購入がおすすめ! 詳細はこちら>>>


ページトップへ