RSS

「梅雨」の頭皮ケア


■湿気の多い季節がやってきます!


6月といえば梅雨の季節!ジメジメと憂鬱な天気が続きます。

梅雨になると髪のトラブルに悩む方がたくさんいらっしゃいます。

その原因は、髪の毛の“水分バランス”が乱れるせい。

髪の毛は梅雨の季節に限らず、常に空気中の水分を吸ったり吐いたりしています。

しかし湿度が高くなると、空気中の水分を過剰に吸収してしまいます。

そうすると髪の中の水分バランスが乱れてしまうので、髪のうねりや広がりが悪化したり、
セットした髪の毛もペタンと崩れてしまうのです。


■傷んだ髪の毛が湿気トラブルを悪化させる!?


紫外線や摩擦、ヘアカラーなどによって、髪の毛にはダメージが蓄積されていきます。

髪の毛の表面にあるキューティクルは、そうしたダメージを受けることで傷付き、
ひどい場合にははがれてしまうこともあります。
それは髪の毛に穴があいているような状態だといえます。

穴があいていると、そこから水分の出入りが激しくなります。
そのため梅雨のように湿気の多いときには水分を吸収して、うねりの悪化や髪の広がりなどの湿気にまつわるトラブルを引き起こしてしまいます。

逆に、空気が乾燥する冬場などには、水分が失われて髪のパサつきや枝毛、切れ毛が悪化するなどのトラブルにみまわれます。

つまり、傷んだ髪の毛ほど湿度の影響を受けやすく、その分トラブルも深刻化しやすいといえるのです。


■梅雨も『保湿』がポイント!


意外に思われるかもしれませんが、湿気トラブルへの対処法は、なんと『保湿』なのです!

乾いたスポンジを水につけると一気に膨張しますが、もともとぬれているスポンジを水につけてもほとんど変化はありません。

それと同じように、しっかり潤っている髪の毛は、湿気による影響が出にくくなります。

髪の毛は構造上、根元の潤いが自然と毛先のほうへ流れていくようになっています。

トリートメントなどで毛先ばかりを潤しても、それは葉っぱに水をあげているようなものです。
土台である頭皮にしっかりと潤いを与えることが、芯から潤う髪の毛を育てる秘訣なのです。

Dr.TOUHIには、保湿に効果的な様々な天然由来成分が配合されています。


●加水分解ヒアルロン酸
低分子に精製、加工されたヒアルロン酸の新素材。分子量を小さくすることで、従来の2倍の浸透力を持たせることに成功しました。皮膚の深くまで浸透し、肌の内側にたっぷりと水分を保持するので、くせ毛の性質である乾燥を改善します。


●褐藻エキス
褐藻エキスはヒアルロン酸と同等の高い保湿力に加え、体のめぐり・流れをよくする作用、髪の毛の成長を助ける作用があるわかめや昆布などの褐藻類から得られるエキスです。



■紫外線対策も忘れずに!


梅雨の時期でも忘れないでいただきたいのは『紫外線』の存在。
曇りの日でも雨の日でも紫外線は降り注いでいます。

紫外線は頭皮や髪の毛の乾燥を招く、“トラブルの元”。

これから夏に向けてどんどん紫外線が強くなってきています。
油断せずに、紫外線対策も早めに行っていきましょう!

Dr.TOUHIには紫外線対策となる天然由来成分も配合されております。


●ホホバ油
ホホバ油には紫外線の予防効果があり、保湿力が高いため、乾燥や紫外線から頭皮や髪の毛を守ってくれます。またホホバ油はアミノ酸の含有率が非常に高く、髪の毛の補正や、頭皮の皮脂コントロール能力が高いため、健康な髪の毛の生成に効果があるといわれています。


●オリーブ油
オリーブ油には、紫外線によるダメージを緩和する効果があります。また、保湿効果によって頭皮の乾燥を防ぐとともに、ウィルスや細菌の侵入を防御するので、頭皮を健康な状態に保ってくれます。体のめぐり・流れをよくし、肌の生まれ変わりを促すので、白髪予防にも効果が期待されています。



☞Dr.TOUHI とは?

☞好評発売中! Dr.SHAMPOOとは?>>>

☞好評発売中! Dr.TREATMENTとは?>>>

☞好評発売中! Dr.OILとは?>>>

☞お得な定期購入がおすすめ! 詳細はこちら>>>


■季節ごとの頭皮ケア■

 ・「春」の頭皮ケア ・「夏」の頭皮ケア ・「秋」の頭皮ケア  ・「冬」の頭皮ケア

ページトップへ