RSS

「梅雨」の頭皮ケア


■湿気の多い季節がやってきます!


6月といえば梅雨の季節!ジメジメと憂鬱な天気が続きます。

梅雨になると髪のトラブルに悩む方がたくさんいらっしゃいます。

その原因は、髪の毛の“水分バランス”が乱れるせい。

髪の毛は梅雨の季節に限らず、常に空気中の水分を吸ったり吐いたりしています。

しかし湿度が高くなると、空気中の水分を過剰に吸収してしまいます。

そうすると髪の中の水分バランスが乱れてしまうので、髪のうねりや広がりが悪化したり、
セットした髪の毛もペタンと崩れてしまうのです。


■傷んだ髪の毛が湿気トラブルを悪化させる!?


紫外線や摩擦、ヘアカラーなどによって、髪の毛にはダメージが蓄積されていきます。

髪の毛の表面にあるキューティクルは、そうしたダメージを受けることで傷付き、
ひどい場合にははがれてしまうこともあります。
それは髪の毛に穴があいているような状態だといえます。

穴があいていると、そこから水分の出入りが激しくなります。
そのため梅雨のように湿気の多いときには水分を吸収して、うねりの悪化や髪の広がりなどの湿気にまつわるトラブルを引き起こしてしまいます。

逆に、空気が乾燥する冬場などには、水分が失われて髪のパサつきや枝毛、切れ毛が悪化するなどのトラブルにみまわれます。

つまり、傷んだ髪の毛ほど湿度の影響を受けやすく、その分トラブルも深刻化しやすいといえるのです。


■梅雨も『保湿』がポイント!


意外に思われるかもしれませんが、湿気トラブルへの対処法は、なんと『保湿』なのです!

乾いたスポンジを水につけると一気に膨張しますが、もともとぬれているスポンジを水につけてもほとんど変化はありません。

それと同じように、しっかり潤っている髪の毛は、湿気による影響が出にくくなります。

髪の毛は構造上、根元の潤いが自然と毛先のほうへ流れていくようになっています。

トリートメントなどで毛先ばかりを潤しても、それは葉っぱに水をあげているようなものです。
土台である頭皮にしっかりと潤いを与えることが、芯から潤う髪の毛を育てる秘訣なのです。

Dr.TOUHIには、保湿に効果的な様々な天然由来成分が配合されています。


●加水分解ヒアルロン酸
低分子に精製、加工されたヒアルロン酸の新素材。分子量を小さくすることで、従来の2倍の浸透力を持たせることに成功しました。皮膚の深くまで浸透し、肌の内側にたっぷりと水分を保持するので、くせ毛の性質である乾燥を改善します。


●褐藻エキス
褐藻エキスはヒアルロン酸と同等の高い保湿力に加え、体のめぐり・流れをよくする作用、髪の毛の成長を助ける作用があるわかめや昆布などの褐藻類から得られるエキスです。



■紫外線対策も忘れずに!


梅雨の時期でも忘れないでいただきたいのは『紫外線』の存在。
曇りの日でも雨の日でも紫外線は降り注いでいます。

紫外線は頭皮や髪の毛の乾燥を招く、“トラブルの元”。

これから夏に向けてどんどん紫外線が強くなってきています。
油断せずに、紫外線対策も早めに行っていきましょう!

Dr.TOUHIには紫外線対策となる天然由来成分も配合されております。


●ホホバ油
ホホバ油には紫外線の予防効果があり、保湿力が高いため、乾燥や紫外線から頭皮や髪の毛を守ってくれます。またホホバ油はアミノ酸の含有率が非常に高く、髪の毛の補正や、頭皮の皮脂コントロール能力が高いため、健康な髪の毛の生成に効果があるといわれています。


●オリーブ油
オリーブ油には、紫外線によるダメージを緩和する効果があります。また、保湿効果によって頭皮の乾燥を防ぐとともに、ウィルスや細菌の侵入を防御するので、頭皮を健康な状態に保ってくれます。体のめぐり・流れをよくし、肌の生まれ変わりを促すので、白髪予防にも効果が期待されています。



☞Dr.TOUHI とは?

☞好評発売中! Dr.SHAMPOOとは?>>>

☞好評発売中! Dr.TREATMENTとは?>>>

☞好評発売中! Dr.OILとは?>>>

☞お得な定期購入がおすすめ! 詳細はこちら>>>


■季節ごとの頭皮ケア■

 ・「春」の頭皮ケア ・「夏」の頭皮ケア ・「秋」の頭皮ケア  ・「冬」の頭皮ケア

「春」の頭皮ケア


■春も油断は禁物です!


これからの時期は暖かい日と寒い日を繰り返し、気温や湿度が急激に変化します。

それにより、身体の免疫力が低下したり、ホルモンバランスが崩れたりして様々なトラブルを引き起こしがちです。

春先の頭皮は冬の乾燥によって荒れており、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)の乱れや潤い不足に陥っているため、とても弱って敏感になった状態です。

そんなところへ、“トラブルの元”は一気に増加します。

だんだん暖かくなっていき気分も穏やかにはなりますが、弱って敏感になっている頭皮のためにも油断は禁物です。



■春にはこんなトラブルの元が!


【乾燥】

春になると日差しは暖かくなりますが、冷たい風が強く吹いて意外にも冬と同じくらい乾燥しやすくなっています。

ところが冬とは違って肌のカサつきなどで乾燥していることに気が付きにくいので、潤い不足に陥りやすくなります。

乾燥は、髪のパサつきや白髪・くせ毛の悪化、フケ・かゆみなどさまざまなトラブルを招いてしまうので、頭皮にもしっかりと保湿をすることが大切です。

【紫外線量の増加】

紫外線量は春先から夏にかけて急激に増加します。しかし、夏ほどしっかり紫外線対策をしていないため、無防備な頭皮や髪の毛は日に焼けてしまいます。

紫外線によって頭皮が傷付くと、髪がパサついたり白髪が増えるなど健康な髪の毛の成長に悪影響が出てしまいます。

春からしっかりと対策を始め、紫外線から頭皮や髪の毛を守ることが大切です。

【花粉などのアレルギー物質】

春の強い風でホコリや花粉などのアレルギー物質が頭皮や髪の毛に付着すると、皮脂や汗と混ざりあい、頭皮に炎症を起こしてかゆみやフケを引き起こすことがあります。

【皮脂量の増加】

気温の上昇に合わせて、頭皮の皮脂の分泌量も増えていきます。ところが、春の気温の急激な変化によって皮脂の分泌量は乱れがちです。毛穴のつまりや、バリア機能の低下による炎症などを引き起こすことがあります。



■頭皮のかゆみが増える春!頭皮の保湿でかゆみを防ぎましょう!


さまざまなトラブルの元が潜む春。

春に多くなるトラブルに“頭皮のかゆみ”があります。

季節の変わり目は肌がとても敏感になっています。そこへ、花粉や紫外線量の増加などといった外部からの刺激が増えるので、頭皮に炎症が起こりやすくなるのです。

また、春はその季節柄、環境の変化などによるストレスが増える季節です。ストレスが増えると新陳代謝や皮脂の分泌量が乱れ、頭皮のバリア機能が弱まってしまうので、さらに外側からの刺激を受けやすくなってしまいます。

頭皮を掻いてしまうと、頭皮が傷付いてしまい髪の毛にも悪影響を与えてしまいます。

健康な頭皮と髪の毛を保つために頭皮を保湿し、さまざまなトラブルを防ぎましょう!



■Dr.TOUHIシリーズで春の頭皮ケア!


乾燥の厳しい冬が過ぎたと思っても、春には春のトラブルの元があります。

大切なことはその季節ごとのトラブルの元を意識し、頭皮を健康に保つことです!


甘草根エキス

甘草根エキスは4千年前から抗炎症などの生薬として活用されている成分です。

荒れた肌を整え保湿をし、健康的な頭皮へ導きます。


ホホバ油
ホホバ油には紫外線の予防効果があり、保湿力が高いため、乾燥や紫外線から頭皮や髪の毛を守ってくれます。 またホホバ油はアミノ酸の含有率が非常に高く、髪の毛の補正や、頭皮の皮脂コントロール能力が高いため、健康な髪の毛の生成に効果があるといわれています。


センブリエキス

センブリエキスは毛根によく浸透し、髪の毛の成長を助ける作用があります。体のめぐり・流れをよくし、炎症防止、毛根の細胞を活性化させる効果があります。健康な髪の毛の成長を手助けします。


ゴマ油

ゴマ油にはミネラルが豊富に含まれています。
また、細胞の生まれ変わりを促進するため、肌に水分、油分、弾力を取り戻し、美しい頭皮へと導いてくれます。



この他にもDr.TOUHIシリーズには頭皮に潤いと栄養を与える天然由来の成分が凝縮されています。

健康な頭皮や髪の毛を保つためには、外側からのケアに加え、睡眠やバランスのとれた食事など体の内側からのケアも不可欠です。

春にしっかりと頭皮ケアをし髪の毛が生まれ育つ土台を整え、これからの季節に備えましょう!



☞Dr.TOUHI とは?

☞好評発売中! Dr.SHAMPOOとは?>>>

☞好評発売中! Dr.TREATMENTとは?>>>

☞好評発売中! Dr.OILとは?>>>

☞お得な定期購入がおすすめ! 詳細はこちら>>>


■季節ごとの頭皮ケア■

 ・「梅雨」の頭皮ケア ・「夏」の頭皮ケア ・「秋」の頭皮ケア  ・「冬」の頭皮ケア

「冬」の頭皮ケア



■冬は乾燥の季節!!


冬になり、気温や湿度がぐっと下がってきましたね。
家やお店でも暖房を入れ始めて、空気の乾燥を感じる方も多いのではないでしょうか。

冬は気温と湿度が下がることによって、肌自体がとても乾燥する季節です!
また、寒さによって血行不良を起こしがちです。

こうした冬の環境は、頭皮や髪の毛にさまざまなトラブルを引き起こしてしまうのです!!


肌の状態と季節の関係について



■冬のトラブル


秋から冬にかけて、頭皮がかゆくなったりフケが出たことはありませんか?

かゆみやフケは、冬によくあるトラブルです。

これらは、頭皮が乾燥することで引き起こされます。

頭皮が乾燥すると肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の周期が乱れ、フケの発生や、白髪の増加といった深刻なトラブルにつながってしまいます。

また、髪のパサつき、枝毛や切れ毛が気になることも。これは、髪の毛の乾燥が原因です。



乾燥大敵!!



乾燥は、頭皮にも髪の毛にも悪影響を与えます!
健康な髪の毛のためには、乾燥を防ぎ、
しっかりと潤いを与えることがとても大切です!



健康な髪の毛は、12~13%の水分を保持しているのですが、冬は空気が乾燥することによって髪の毛の水分が失われやすくなります。この水分量が7%を下回ると、表面のキューティクルが剥がれ、髪のパサつき、枝毛や切れ毛といったトラブルが起こるのです。

くせ毛の方は、髪のまとまりが悪くなると感じる方が多くなります。

さらに冬は寒さによる血行不良で必要な栄養素が不足しがちなので、髪がうまく成長できずに白髪が増えたり、髪のハリやコシがなくなってボリュームの減少につながったりしてしまいます。

そして、冬になると気になるのが、「静電気」。

冬は空気が乾燥しているのでただでさえ静電気が起きやすくなっています。ブラッシングで髪が摩擦され、パチパチと毛が逆立ってしまう経験はありませんか?静電気が起こるのは、髪の内部まで乾燥している証拠です。静電気によってキューティクルに傷がついて枝毛、切れ毛を引き起こしたり、頭皮に刺激が与えられることで白髪、髪のボリューム減少につながることも。



■トラブル解決には『保湿』が大切!!


乾燥によるトラブルが急増する冬のケアに『頭皮の保湿』ははずせません。

ただでさえ乾燥する季節なのに、ドライヤーの熱や暖房によって頭皮はさらに乾燥させられています。

顔や手足が乾燥してつっぱったり、カサついてきたら、化粧水を塗ったりハンドクリームを使います。

でも頭皮はどうでしょうか?

同じように、むしろそれ以上に乾燥しているのに頭皮はほったらかしにされています。

潤いのある健康的な髪の毛は、潤った土台(=頭皮)からしか生まれません。

乾燥して涸れた頭皮からは、トラブルが発生して当然なのです。

冬の乾燥には『保湿』が大切!

スキンケアにおいて今や常識ともいえるこのことを、ぜひ頭皮にも当てはめてみてください。

Dr.TOUHIは化粧水や美容液のようにただ水分や栄養を与えるだけでなく、せっかく与えた水分が蒸発しないように乳液やクリームの役割も1本でこなします。

寒さで元気をなくしがちな頭皮を健康に導くDr.TOUHIで、冬も潤い美髪を目指しましょう!



☞Dr.TOUHI とは?

☞好評発売中! Dr.SHAMPOOとは?>>>

☞好評発売中! Dr.TREATMENTとは?>>>

☞好評発売中! Dr.OILとは?>>>

☞お得な定期購入がおすすめ! 詳細はこちら>>>


■季節ごとの頭皮ケア■

 ・「春」の頭皮ケア ・「梅雨」の頭皮ケア ・「夏」の頭皮ケア ・「秋」の頭皮ケア

「秋」の頭皮ケア


■フケ・かゆみはサインです!

 秋には出ているお肌の『乾燥警報』!!


秋はだんだん気温や湿度が下がり、とても過ごしやすくなりますね。
しかし、この過ごしやすさは「乾燥」と深く関係しているのです。

空気中の湿度が下がると、それに比例して角質層の水分量が減少していきます。
それはつまり、頭皮の表面から水分が失われやすい状況だということです。


もともと、夏を乗り越えた頭皮は紫外線やエアコンによって乾燥しがちです。

また、夏に比べて頭皮の皮脂の分泌量が減るので、頭皮のバリア機能が低下します。

そのため、秋になるとフケやかゆみといったトラブルが増加します。

お顔や身体は乾燥するとかゆくなったり、粉をふいたりすることがあると思います。
髪の毛に覆われているため気付きにくいですが、実はそれと同じ現象が頭皮で起こっているのです!


フケを抑えるためにシャンプーの回数を増やしたりしていませんか?
もしそうだとしたら、要注意です。

過剰な洗髪は、頭皮の皮脂を落としすぎてしまいます。
皮脂は頭皮を乾燥や様々な刺激から守る天然のバリアとなります。
このバリアがないと、頭皮の乾燥が悪化したり、フケやかゆみを引き起こしてしまうことになるのです!!

かゆみやフケには『保湿』が効果的です。

乾燥して弱っている頭皮に、しっかり潤いと栄養を与え、頭皮環境を整えることがフケ・かゆみの改善につながるのです。


これから冬に向けてさらに空気は乾燥していきます。
お顔と同様に、『頭皮の乾燥警報』はもうすでに出ているのです。
早めのケアを心がけましょう!


Dr.TOUHIシリーズには、保湿に効果的な様々な天然由来成分が配合されています。


●オリーブ油

オリーブ油には、紫外線によるダメージを緩和する効果があります。また、保湿効果によって頭皮の乾燥を防ぐとともに、ウィルスや細菌の侵入を防御するので、頭皮を健康な状態に保ってくれます。体のめぐり・流れをよくし、肌の生まれ変わりを促すので、白髪の予防にも効果が期待されています。

●キイチゴエキス

キイチゴエキスにはビタミンC、タンニン、フラボノイド、有機酸、糖類、ペクチンが含まれており、保湿効果があります。また、肌の生まれ変わりを活発にする効果をあわせ持っているため、健康的な頭皮を生み出す手助けをしてくれます。

●甘草根エキス

甘草根エキスは4千年前から抗炎症などの生薬として活用されている成分です。荒れた肌を整え保湿をし、健康的な頭皮へ導きます。


●ラベンダー油

ラベンダー油には細胞の生まれ変わりを促すとともに、皮脂のバランスを整える効果があります。また、真菌の増殖を抑え炎症を防ぎます。日焼け後のケアとしても大活躍します。香りには緊張を解きほぐし気分を穏やかにする効果があります。



■秋は通常の2倍くらい髪の毛が抜ける!?


秋になると、「髪の毛の抜ける量が増える」ということをよく耳にします。
通常の2倍くらいの量が抜けるという説もあります。

もちろん抜ける髪の毛の量には個人差があるので感じ方は人それぞれかと思います。

しかし、夏場は強い紫外線によって髪の毛はもちろん、頭皮も大きなダメージを受けており、また夏に大量に分泌された皮脂が毛穴を塞いだり、エアコンの当たりすぎによる血行不良、夏バテや食欲不振による栄養不足など、髪の毛の成長を妨げてしまう様々な要因があるので、それによりハリやコシがなくなった髪の毛が細くなって、十分成長しきる前に抜け落ちてしまうことが増えるのかもしれません。

それでなくても季節の変わり目はお肌や髪の毛が変化しやすい時期です。
夏に蓄積されたダメージがちょうど表面化する時期でもあるので、負の連鎖によって髪の毛の抜ける量の増加につながることは考えられます。


髪の毛が抜けてしまったあとでも、正常であれば同じ毛穴からまた新しく髪の毛が生まれ育っていきます。

大切なのは、新しく生まれる髪の毛のために土台となる「頭皮」を潤わせ栄養たっぷりに整えてあげることです。

こうすることで次世代の髪の毛が潤い、健やかに成長することができるのです。


●ゴマ油

ゴマ油にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、頭皮に潤いや栄養を与え、柔軟性や弾力性をもたらします。またゴマにしか含まれないゴマリグナンには肌の生まれ変わりを促すなどといった効果があり、美髪作りに一役かってくれます。

●オタネニンジンエキス

オタネニンジンは別名を朝鮮ニンジン、高麗ニンジンといいます。オタネニンジンエキスは皮膚の老化を抑制し、乾燥した頭皮を保湿する作用が期待されます。髪が過剰に抜け落ちることを防ぎ、健康な髪の生成を促す効果があるとされています。

●褐藻エキス

褐藻エキスはヒアルロン酸と同等の高い保湿力に加え、体のめぐり・流れをよくし、毛髪の成長を促す作用のある成分です。

●ウンショウミカン果皮エキス

保湿性、抗炎症、髪の毛の生成を促す作用のほか、古くなった角質を柔軟にさせ優しく除去する作用を持ちます。


■美髪のためのワンポイント


厳しい夏を乗り越えた髪の毛も、強い紫外線やエアコン、海やプールで受けたダメージによって乾燥してパサついた状態に。

夏場のダメージは確実に蓄積され、枝毛切れ毛となって出てきます。

髪の毛のキューティクルは一度ぼろぼろになってしまうと自然に治癒することはありません。
傷んでしまった毛先などは切って整えることが1番の対策になります。

また、季節の変わり目は体そのものが緊張状態にあり、とても敏感になっているため、旬の食材を多く取り入れたり、規則正しい生活を心がけることで、体の内側から健康的な美しさを得ることができます。

そうした内側からのケア、そしてDr.TOUHIシリーズによる外側からのケアをしっかり続けると、夏場のダメージをリセットすることができ、潤いのある美髪を手に入れることができるのです。

空気の乾燥が本格的になる冬がやってくる前に、保湿ケアで健康的な強い頭皮作りを目指しましょう。


☞Dr.TOUHI とは?

☞好評発売中! Dr.SHAMPOOとは?>>>

☞好評発売中! Dr.TREATMENTとは?>>>

☞好評発売中! Dr.OILとは?>>>

☞お得な定期購入がおすすめ! 詳細はこちら>>>


■季節ごとの頭皮ケア■

 ・「春」の頭皮ケア ・「梅雨」の頭皮ケア ・「夏」の頭皮ケア ・「冬」の頭皮ケア

「夏」の頭皮ケア


「夏」の頭皮は過酷な環境に!


連日猛暑が続いていますね。

夏の頭皮は、紫外線・冷房・海やプールなどによって様々なトラブルを引き起こしやすい過酷な環境にあります。

とくに夏場の強い紫外線は、頭皮や髪の毛に悪影響を与えます。

なかなか「頭皮に日焼け止め」を塗る習慣はありません。

しかし、体の中で1番高い位置にある頭。髪の毛に覆われて見落としがちな部分こそ、日焼けの危険性が非常に高くなります。

紫外線対策は顔や手足だけでなく、頭皮にも気を配ることが大切なのです!



過酷な環境が招くトラブル


【多量の汗、皮脂】

皮脂は頭皮を守る天然のバリアとなります。

頭皮は体のほかの部位よりも汗腺や皮脂腺が多いので、清潔に保っていないと毛穴がつまり、皮脂が酸化することで臭いや、フケやかゆみというトラブルを招きます。


【紫外線】

紫外線によって頭皮が日焼けすると、頭皮の乾燥を招きます。
乾燥した頭皮は白髪、くせ毛、髪のボリューム減少、フケなど様々な髪のトラブルの原因に

日焼けがひどい場合は、頭皮に水ぶくれができるほどのやけど状態に陥ることもあります。

紫外線による日焼けは頭皮だけではありません。
日焼けした髪の毛は、キューティクルが傷ついたりはがれたりして、そこから髪の内部の水分が失われ髪のパサつきを招きます。また傷みが蓄積されることで、枝毛、切れ毛につながります。


【冷房】

冷房にあたった頭皮や髪は乾燥します。

また、頭皮が冷えることによって血行不良になり、髪の毛に栄養が行き届きにくくなります。栄養不足は髪の毛がすかすかになってパサついたり、枝毛、切れ毛を招きます。
成長途中の髪の毛は栄養が足りず、太くしっかり育つ前に抜け落ちてしまうことに。

冷房のかかった室内と外の気温との温度差によっても体の免疫機能が低下し、健康な頭皮や美髪を作りだすのに悪影響を与えます。


【プールや海】

プールで消毒のために入れられている塩素は、髪の毛を構成するアミノ酸を破壊してしまうので、髪のゴワつきの原因に。
また、海水に含まれる塩分は髪の毛の水分を奪うので、髪のパサつきの原因になります。



Dr.TOUHIで「夏」の頭皮ケア


季節が夏から秋へ変わった頃に、突然白髪や抜ける髪の量が増えたように感じたり、髪が広がってまとまりが悪くなったりする方が増えます。

それは、夏に頭皮や髪の毛が受けたダメージが蓄積されて、後から様々なトラブルとして表面化してくるせいなのです!

つまり、夏の間に受けたダメージは、しっかりと夏の間にリセットしないと、後々深刻なトラブルを引き起こす危険性があるのです!

頭皮に潤いや栄養をしっかり与え、夏の過酷な環境に負けない頭皮環境を整えましょう!

Dr.TOUHIは、「夏」の頭皮ケアにも大活躍します!!


ホホバ油

美髪の大敵、「紫外線」から頭皮を守ってくれる強い味方!ホホバ油には紫外線の予防効果があるので、頭皮の日焼け予防効果が期待できます。

また、皮脂の過剰分泌を予防したり、毛穴に浸透し余分な皮脂や汚れを溶かし出してくれるので毛穴のつまりやフケ、臭いの元を予防します。


イソフラボン・ヒアルロン酸

Dr.TOUHIにはイソフラボンやヒアルロン酸など、保湿に優れた成分が凝縮されています。

紫外線や冷房で乾燥した頭皮にたっぷりと潤いを与え、油分でしっかり潤いをガードします。


センブリエキス


センブリエキスには体のめぐり・流れをよくし、炎症防止、毛根の細胞を活性化させ髪の生成を促す働きをするなどといった様々な効果があります。冷房で冷えた頭皮や、汗や皮脂で炎症を起こしそうな頭皮を健康な頭皮へ導きます。


キイチゴエキス・ゴマ油


キイチゴエキスやゴマ油には肌の生まれ変わりを促進する効果があるので、
頭皮に水分、油分、弾力を取り戻し、みずみずしく健康的な頭皮を生み出す手助けをします。




頭皮や髪の毛が過酷な環境にさらされる「夏」。

夏に受けたストレス・ダメージをそのままにしていると、秋冬の美髪は生まれません。

大切なことは、頭皮や髪の毛を紫外線や乾燥から守ることです。

ダメージを蓄積させないように、毎日の頭皮ケアを習慣づけましょう。

体の内側からでは不足しがちな潤い、栄養分を外から与えることで頭皮の健康を保つ手助けができます。


「Dr.TOUHIで頭皮の日焼け予防」


紫外線の強い季節は、お出かけ前のご使用もおすすめです!


☞Dr.TOUHI とは?

☞好評発売中! Dr.SHAMPOOとは?>>>

☞好評発売中! Dr.TREATMENTとは?>>>

☞好評発売中! Dr.OILとは?>>>

☞お得な定期購入がおすすめ! 詳細はこちら>>>


■季節ごとの頭皮ケア■

 ・「春」の頭皮ケア ・「梅雨」の頭皮ケア ・「秋」の頭皮ケア  ・「冬」の頭皮ケア

ページトップへ